Vietnam advance

注目記事

2人の男性のシルエット

ベトナム進出の際の採用ポイント

これから日本からベトナムに企業を進出させてから、現地のベトナム人を採用していきたいと思っている人は多いと思います。では現地のベトナム人を雇う際にはどのようなポイントを押さえておくべきなのでしょうか。1つ目は、できるだけ…

もっと読む

ベトナム進出のための場所選定

悩んでいる男性のシルエット

ベトナムは南北にとても長い国で、北のハノイと南部のホーチミンでは文化も民族性も全然違います。言語も少し違ったり他の国といっても変ではありません。ベトナムに進出する日系企業は製造業からサービス業まで多岐に渡りますが、場所を間違えると致命的です。そこで簡単に南北の違いを説明します。まず北部地域はハノイを中心としていて、特に製造業の進出が多い地域です。プリンター関係や自動車・バイク関係の工場。
また最近では縫製関係の会社も多く北部に集まっています。理由としては、北部のベトナム人はまじめで、決められた作業をそつなくこなす能力が高いのと、ホーチミンより日本に近く、輸出入がしやすいこともあります。また、これからはTPPに関連し、縫製関係の会社が多く進出してくることが予想されています。ハノイよりも更に北部の地域は給与水準もまだまだ安く、中国からの原料輸入もしやすいのが理由です。また南部ではサービス関連の会社が多く進出しています。
北部より開放的な南部は、外国の文化を取り入れるのに抵抗が少ない民族性と、買い物が好きなこともあり、経済がとても良好です。そして、日本食や日本製の物がステータスになっており、それに関連するサービス関連企業はこれからもベトナムはどんどん進出することが予想されています。

日本企業がベトナムに進出する理由とは

現在日本からベトナムに進出しているような日本企業が増えてきているのです。その理由とはいったい何があるのでしょうか。
1つ目の理由は、ベトナムは経済成長が目覚ましいということです。やはり経済成長しているような国に進出することで、日本の企業はベトナムで大きな利益を上げることができるのです。だから日本の企業はこぞってベトナムに進出しようとしているのです。ベトナムに進出することで、利益を最大化できるので、企業としての在り方として正しいと言えます。
2つ目の理由は、ベトナムには優秀な人材が多いので、現地でその優秀な人材を採用できるということです。最近はベトナムでは教育に力を入れているので、どんどん優秀な人材が育っているのです。国際的に活躍できるような人材がベトナムにはたくさんいるので、ベトナムに行ってから、現地で採用すれば、優秀な人材を日本企業で働かせることができるというのはとても魅力的であると言ってもいいのです。やはり優秀な人材を確保できれば、この先日本の企業は伸びていくと予想ができます。だから、ベトナムに進出することは、大きな意味を持っていると言ってもいいのです。これからもベトナムに進出する日本企業は増えていくはずです。

ベトナム進出に関して留意しておくこと

これからベトナムに企業を進出させていきたいと考えている人はいるでしょう。最近は日本からも多くの企業がベトナムに進出するようになっているのです。だから、ベトナムに進出することは、トレンドであると言ってもいいのです。ではベトナムに進出する際に留意しておくことは一体何でしょうか。まずは、ベトナムに進出する前にベトナムの文化について把握する努力をしておくということです。やはり、日本とベトナムでは文化が大きく違ってきます。だからこそ、文化を理解しておかなければ、現地で企業を経営していくことは不可能なのです。ベトナムの文化を知るということは、ベトナムに進出してから成功することに繋がっていくというのは、間違いないと言ってもいいでしょう。
次に、ベトナムに進出する際には言語を英語で統一していくようにしていったほうが良いと思います。英語というのは国際的な言語であり、世界の共通言語といってもいいでしょう。だから、ベトナムに進出するのであれば、英語をしっかりと理解できるような企業体質を作っておいたほうが良いと思います。そのような企業体質を作っておくことで、現地の人々とコミュニケーションがうまく行くと考えられるからです。

ピックアップ

ベトナム進出する際の企業形態について

話し合う2人のシルエット

ベトナム進出で会社を設立する場合は大きく4つに分けられます。まずは責任有限会社です。責任有限会社には1名有限責任会社と2名…

もっと読む

ベトナム進出に関しての注意点

座る男性のシルエット

ベトナムは日系企業にとって魅力的な国ですが、そんな国でも注意しなくてはいけないことはたくさんあります。まず第一は社会主義という点で…

もっと読む