Vietnam advance

ベトナム進出する際の企業形態について

話し合う2人のシルエット

ベトナム進出で会社を設立する場合は大きく4つに分けられます。
まずは責任有限会社です。責任有限会社には1名有限責任会社と2名以上の有限責任会社があります。1名有限責任会社は出資者が1人です。また出資者がそのまま最高意思決定者となり、出資者には個人も法人もなれます。増資は可能ですが減資は不可能で監査役の設置が義務付けられています。2名有限責任会社の方は出資者が2人以上から50人までです。出資者全員で行う社員総会が最高意思決定機関となります。出資者には個人も法人もなれ増資も減資も可能です。監査役の設置は出資者が11名以上の場合のみ義務付けられています。
日本企業のベトナム進出の80%以上が責任有限会社を選択して進出しているようです。次に株式会社が挙げられます。株式会社は株式の登録に基づいて創立株主によって設立された法人です。資本金は株式に分割され創立株主は払い込んだ金額の割合に相当する株式を保有します。これは少なくても3名以上の株主でなければいけません。増資も減資も可能であり出資者は個人も法人もなれます。これらの2つを比べると有限会社の方が組織を作るのが楽だといえます。
その他に2名の構成員を必要とし無限責任社員は個人資産を限度として法律的な義務を負うパートナーシップと、個人資産の範囲で全ての活動に関する義務を負う個人企業があります。

ピックアップ

ベトナム進出する際の企業形態について

話し合う2人のシルエット

ベトナム進出で会社を設立する場合は大きく4つに分けられます。まずは責任有限会社です。責任有限会社には1名有限責任会社と2名…

もっと読む

ベトナム進出に関しての注意点

座る男性のシルエット

ベトナムは日系企業にとって魅力的な国ですが、そんな国でも注意しなくてはいけないことはたくさんあります。まず第一は社会主義という点で…

もっと読む