Vietnam advance

ベトナム進出の際の採用ポイント

2人の男性のシルエット

これから日本からベトナムに企業を進出させてから、現地のベトナム人を採用していきたいと思っている人は多いと思います。では現地のベトナム人を雇う際にはどのようなポイントを押さえておくべきなのでしょうか。
1つ目は、できるだけ勤勉なベトナム人を採用するようにするという方法です。日本人は基本的に時間通りに働いて、上からのいうことを聞くという人が多いので菅、ベトナム人もそうだとは限りません。だから、できるだけ勤勉で真面目なベトナム人を採用するようにしたほうが良いと思います。それを確かめるためには、試用期間を導入していったほうが良いと考えられます。試用期間というのは、いったん雇ってみてから、試用期間内にしっかりとした成果を残してくれて、真面目に働いているようであれば採用するという方法です。この方法を採用していけば、真面目で勤勉なベトナム人を選別できると言ってもいいでしょう。
2つ目は、英語を話すことができるベトナム人を採用するということです。日本の企業で一緒に働くのであれば、意思疎通が出来なければなりません。だから、その手段である英語を使いこなすことができるのかどうかということはとても重要だと言ってもいいでしょう。

ピックアップ

ベトナム進出する際の企業形態について

話し合う2人のシルエット

ベトナム進出で会社を設立する場合は大きく4つに分けられます。まずは責任有限会社です。責任有限会社には1名有限責任会社と2名…

もっと読む

ベトナム進出に関しての注意点

座る男性のシルエット

ベトナムは日系企業にとって魅力的な国ですが、そんな国でも注意しなくてはいけないことはたくさんあります。まず第一は社会主義という点で…

もっと読む