Vietnam advance

ベトナム人スタッフをうまく使うには

抗議しあう2人のシルエット

ベトナムに進出された日系企業がまず直面する問題は、ベトナム人スタッフの管理です。日本人とベトナム人は似ている部分が多いですが、違うところは多々あります。東南アジアの中では仕事に対してまじめな国民性ですが、それでも日本人と比べるとまだまだです。
また、メンツをとても重要視します。ですので、他のベトナム人がいる前でスタッフを怒ると、そのスタッフのメンツを傷つけて、逆上したスタッフは辞めてしまうという事は多いです。仕事を辞めることに対して抵抗が少ないので、何か嫌な事があったらすぐ辞めてしまいます。それでは熟練したスタッフが育てられないので、スタッフをうまく管理しない企業はうまくいきません。一番喜ぶのは給料を上げることですが、それだけではなく休みの制度面や会社主催の飲み会を定期的に開いたり、1年に1回は社員旅行もしなくてはいけません。
社員旅行には社員の家族も多く来るため、出費は大きいですが、ほとんどの会社がやってるので、やってないだけで有能な人材が来ない場合があります。また、縁故で採用してくれと言われることは多々ありますが、良い人材が来た経験がほぼ無いためおすすめできません。アメとムチを上手に使い分けていかないとベトナム人を管理することは難しいです。

ピックアップ

ベトナム進出する際の企業形態について

話し合う2人のシルエット

ベトナム進出で会社を設立する場合は大きく4つに分けられます。まずは責任有限会社です。責任有限会社には1名有限責任会社と2名…

もっと読む

ベトナム進出に関しての注意点

座る男性のシルエット

ベトナムは日系企業にとって魅力的な国ですが、そんな国でも注意しなくてはいけないことはたくさんあります。まず第一は社会主義という点で…

もっと読む